営業がつまらない理由3選【新しい営業のカタチについて考える】

ついついネットで営業の仕事がつまらない理由を探していませんか?

仕事がつまらないと感じる理由は人それぞれですが、仕事に価値を見出だせていないことが原因かもしれません。

当メディアは「ゆるふわに」営業の方々と共に成長していくことを目指しています。

営業がつまらないと思われてしまう代表的な理由について考え、おもしろくする方法を提案します。


営業がつまらない理由3選

営業がつまらないと感じる理由はさまざまです。

「つまらない」という状態は、価値を感じることができない状態と言い換えることができるのではないでしょうか。

仕事をする上では、プロセス、結果どちらかの価値を感じることができることが大切。

営業がつまらないと感じる3つのケースについて考えていきたいと思います。


そもそもモノが売れない

まず、営業の仕事をしていてそもそもモノが売れないと感じるケースです。

【結果】が出ないために、仕事がつまらないと感じてしまいます。

営業で売れないモノを担当するのはしんどいですよね。

モノが売れない原因には、外部要因、内部要因さまざまありますが、担当者としては自責の気持ちを持ってしまう気持ちよくわかります。

仕事には自分でコントロールできる範囲、できない範囲があります。

モノを売る仕組みや製品に問題はないのか、一度冷静な目で状況を分析することも必要かもしれません。


自分の実力で売れたかわからない

結果は出てているけども、【プロセス】に価値を感じられない場合に抱えがちな悩みです。

向上心が高い人ほど、こういった悩みをお持ちになるのかもしれません。

自分の仕事に自信を持てないのはとてもつらいことですよね。

仕事のスタイルが前任者や先輩を踏襲したものであれば、自分なりの色を出していくことで仕事に自信を持てるようになるかもしれません。


人間関係が大変

仕事の【プロセス】、【結果】どちらにも不満がない場合でも営業の仕事につまらなさを感じるケースはあります。

営業は人間関係が重要な仕事です。

人間関係の維持のために、自分を犠牲にしてストレスがあるようですと、仕事に価値を見出すのが難しくなります。

人間関係は転職理由でも上位に来る理由のため、環境を変える選択肢も考えたほうがいいかもしれません。


古い営業スタイルを変えていく

営業がつまらないと感じる代表的な理由を3つ挙げました。

あなたに当てはまる理由はありましたか。

当メディアでは営業の方々とともに成長すべく、新たな視点を取り入れることを行っています。

3つの理由から「営業」の改善点のポイントを考えたいと思います。

営業の仕事をアップデートするために必要なのは、個人の努力偏重の営業を改めていくこと、といえると思います。


営業をおもしろくする方法

営業を「つまらない」から「おもしろい」にするために方法を考えていきましょう。


仕事を工夫する

まずは仕事を工夫する方法です。


・個人でできる工夫

個人でできる工夫を考えるとなかなか思いつきません。

スキルアップを図るとか、メンタルを鍛えるとか、できることは限られますよね。

そして、個人でできる工夫であればそれはあなたがすでに実行しているかもしれません。


・チームでできる工夫

一方、チームでできる工夫を考えると多くアイデアが出てきます。

もしかすると、営業の仕事がつまらない感じるのは、個人に依存しすぎた営業スタイルに原因があるのかもしれません。


売り方を変える

個人で売るという発想を変え、チームで売上を出す発想に変えると景色が変わるかもしれません。

googleが提唱する「re:Work」の働き方では、イノベーションが生まれる環境として、異なる性質を持ったチームメンバーによる協業の大切さが説明されています。

個人で課題解決にあたるよりも、チームを巻き込んで課題解決にあたることで高い価値を生み出せるという考えです。

個人としてプレッシャーや行き詰まりを感じているときに、サポートしてくれる環境があれば心強いですよね。

営業の仕事にもチームという動機づけは有効な時代です。


ゲーミフィケーションを取り入れる

ゲーミフィケーションとは、ゲームの要素や特徴を他の分野で活かすことです。

仕事の現場でもゲーミフィケーションが取り入れられる事例があり、職場のコミニケーションが改善したという報告もあります。

営業は明確な数値目標がある仕事です。

ゲーミフィケーションを取り入れて、チームで仕事をする体制が整えば仕事を楽しくできるのではないでしょうか。


マーケティングに力を入れる

営業を広い概念で捉え直して、マーケティングに力を入れるのも有効な手段です。

近年では訪問して営業するアウトサイドセールスに対して、インサイドセールスという営業形態も一般的になってきました。

インサイドセールスの導入されている会社では、お客さんのデータを活用して営業をします。

IT化が進んだことにより、収集できたデータを有効活用し効率的なアクションができるようになりました。

市場規模でもアウトサイドセールスに迫る勢いがあり、新しい営業のカタチといえます。


環境を変える

営業がつまらない原因として、業界選びや人間関係に原因がある場合は環境を変える選択が必要になる場合もあります。


業種を変える

・成長産業の営業に転職する

成長産業の営業の仕事に転職すれば、新しい仕事のスタイル、やりがいが見つかる可能性が高くなります。

業界自体の成長が止まっている環境では、あなたの成長に制限がかかってしまいますし機会損失になってしまいます。


・インサイドセールスに転職する

インサイドセールスの部署がある会社に転職するのも、有効な選択肢の1つです。

営業の形態も時代とともに変わりつつあり、転職で営業のやりがいが見つけられるかもしれません。


古い営業スタイルから脱却して「つまらない」を卒業しよう

営業がつまらないと感じたとき、つまらないを脱却するために行動てきたら理想ですよね。

本メディアではこれからも、営業に役立つ情報を模索していきます!

今回紹介した方法をヒントに、みなさんの営業の仕事が前向きな方向に向かえば幸いです。