「CMOとは?具体的な役割・求められるスキルについて」

CMOとは、「Chief Marketing Officer」の略語で、「最高マーケティング責任者」、「最高顧客市場分析調査責任者」のことを言います。


日本企業では現場主義がが強いことから、CMOを設置している企業はまだわずかです。とは言っても、インターネットの普及による消費者行動モデルの変化や、日本の少子高齢化で企業はグローバル化に迫られていることから、高い視点を持ったマーケティング戦略が必須となり、最近の日本でもCMOの存在が注目されているのです。

インサイドセールスのキャリアアップポジションとしてもおすすめです。


【index】

  • CMOとは?
  • CMOの具体的な役割
  • CMOに必要なスキル
  • CMOが日本でまだ定着していない理由
  • まとめ

CMOとは?

冒頭でもご紹介したように、CMOとは最高マーケティング責任者を意味する言葉で、欧米では広く知られた役職です。

経営層に属する管理系の職種であると同時に、マーケティングの現場を取りまとめやマーケティング戦略の立案、実行する役割を担います。


CMOという役職が生まれた背景

CMOという役職が設置されるようになった主な理由は、

・購買行動の変化

・生活様式の変化

・お客様の様々な価値観の存在

といったことが挙げられます。


インターネットの普及に伴い、ECサイトや商品の選択肢が増加したことから、お客様の購買行行動は大きく変化し、お客様の価値観も多様になりました。このような状況において、企業はただ単に商品やサービスを提供するのではなく、最初の接点からアフターフォローに至るまで、一貫した「購買体験」が求められているのです。


このことから、部署の垣根を超えて全社が一体となる横断的なマーケティングを行うため、CMOという役職が設置されるようになりました。


CEO、COO、CFOとの違い

CMOと似た言葉に、「CEO」や「COO」などがあり、これらの役職に関しては目にすることが多いでしょう。CMOとの違いは、次の通りです。


・CEO(最高経営責任者)

CEOは、Chief Executive Officerの略で、日本語では「最高経営責任者」と訳されます。

会社法上では何の権限もありませんが、社長や会長に該当する役割で、経営の方針や戦略の決定などの最終責任を負う立場であり、実質的なトップの座に位置すると言えます。


・COO(最高執行責任者)

COOは、Chief Operating Officerの略で、日本語では「最高執行責任者」と訳されます。

序列ではCEOの下の立場となり「ナンバー2」と認識されることが多いポジションですが、企業によってはCEOとCOOを兼任する場合もあります。


・CFO(最高財務責任者)

CFOとは、Chief Financial Officerの略で、「最高財務責任者」と訳されます。その名の通り財務・経理の全ての実務を管轄する立場であり、企業の根幹を担う経営陣の一人としての責任を負う立場でもあるのです。


CMOの具体的な役割

社内におけるマーケティング最高責任者であるCMOには、具体的に下記のような役割があります。


経営戦略をマーケティングに落とし込む

CMOは、経営層に属する立場であると同時に、マーケティング最高責任者でもあります。

現場のマネージャーやメンバーは目の前の自分たちの仕事で手一杯ですので、現場のメンバーたちが正しい方向に向いて仕事を進められるよう、経営戦略を踏まえたマーケティング戦略に落とし込む必要があるのです。


部署の垣根を超えたマーケティング施策を設計、実行する

CMOは、部署単位ではなく、部署の垣根を超えた横断的なマーケティングを行うことに対する責任もあります。


最適なマーケティング活動を行うには、部署の垣根を超え、全社一体となってマーケティング施策を設計、実行する必要があります。例えば、カスタマーサポートの部門には既存顧客のリアルな声が届きますよね。そういった部署ごとによって異なる情報を社内で互いに共有しあうことで、よりお客様の声を活かした商品やサービスへと改善することができます。


社外への発信

CMOには、マーケティング部門の顔として社外に対して発信をする役割もあります。

「社外」とは、お客様や事業パートナー、株主など様々ですが、いずれに対しても企業のマーケティング戦略は一貫していることが重要です。それぞれの部署が個々にやり取りを行っていると、企業としての統一感が出せなくなってしまいますが、社外とのやり取りをCMOに集約して行うことで、企業として一貫性のあるマーケティング戦略を発信することができるのです。


CMOに必要なスキル

では、CMOに必要なスキルにはどのようなものがあるでしょうか?


素早い判断力・行動力

CMOには経営的な視点を求められることから、様々な課題に対処するための素早い判断力と行動力が求められます。

デジタル時代の現代では、SNSやネットの口コミなどでお客様の興味をひきやすくなった一方で、興味を失うスピードも速いのが特徴です。CMOは、投資対効果を確認すると同時に、戦略の方向性を維持するか否かを正確かつ素早く判断する必要があるのです。


テクノロジーの把握

SNSやメディアなどには、お客様からの声がたくさん集まります。それらを収集し、分析することで自社のマーケティング戦略に活かすことも、CMOに必要なスキルです。

特に、近年のマーケティング活動においては、テクノロジーにその多くを依存していることから、時代に合わせたテクノロジーを把握し、積極的に取り入れることがCMOとして重要なスキルの一つとされているのです。


データを読み解く能力

テクノロジーを駆使したデジタルマーケティングが主流となっている現代では、マーケティングにおいて膨大な量のデータを扱います。CMOには、その膨大なデータから必要なデータのみを抽出し、読み解くスキルも求められるのです。

CRMなどのツールを活用することで、データの収集は容易となってはいますが、それらのデータを読み解き、活用することは大きく異なるのです。


人材を生かす能力

企業として一貫したマーケティング活動を行うには、部署の垣根を超えた組織としてのパフォーマンスの最大化が必要不可欠です。

つまり、CMOにはマーケティング部門以外の部署の人材を活かす能力も必要だというわけです。社員一人一人が最高のパフォーマンスを出せるよう、多種多様な人材を活かす手腕も、CMOに問われます。


CMOが日本でまだ定着していない理由

欧米でCMOを設置している企業の割合は、50~60%を超えているのに対して、日本の上場企業でCMOを設置している割合は、およそ8~11%程度と、大きく出遅れていることがわかります。

なぜ、日本でCMOが定着しにくく出遅れているのかというと、その理由には

  • 経営者としての視点を持つマーケターが少ない
  • マーケティング部門をバックヤードに位置付けている

といったことが挙げられます。


本来、CMOはマーケティングの観点から経営問題を解決する役割があります。

しかし、日本では実務や運用面の技術スキルを優先していることから、経営視点を持つマーケターが育ちにくい環境となっているのです。


また、マーケティングは商品やサービスを売るためのバックヤードだという位置づけにされているといった点も、日本でCMOが定着しない理由の一つです。日本企業では、「良いものを作れば売れる」といった企業風土が根強く、マーケティングはあくまでもそれらを売るためのバックヤードとしての位置づけになっているのが現状なのです。


作り出した商品やサービスをどのように世の中に送り出し、広めていくのか?といったマーケティングを再定義することが、日本企業でCMOを定着させるポイントの一つかもしれません。


まとめ

今回は、CMOの役割や求められるスキルなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


日本ではなじみの薄いCMOという役職ですが、顧客行動の変化や価値観の多様化、そして少子高齢化によりグローバル化を余儀なくされているこれからの時代では、日本企業でもCMOの重要性が高まってくることでしょう。

同時に、経営戦略としてのマーケティングの必要性も徐々に根付いてくるのではないかとされています。