IP電話の音質が悪いとされる原因とは?音質向上のポイントとIP電話の魅力

固定電話からIP電話サービスへの切り替えを検討している場合、やはり気になるのは通話音質ではないでしょうか?

アナログの固定電話とIP電話サービスでは通話音声を届ける仕組みが異なるため、音質に違いがあることは確かです。しかし、IP電話の仕組みを知ることで、音質の低下を防ぐことも可能なのです。

そこで今回は、IP電話の音質が悪くなってしまう原因や、音質を安定させるポイントなどについてご紹介していきたいと思います。


【index】

  • IP電話とは?
  • IP電話の音質が悪くなる原因
  • IP電話の音質を安定させるには?
  • IP電話を選ぶ際のポイント
  • まとめ

IP電話とは?

まずは、IP電話の仕組みなどについて確認してみましょう。


IP電話とアナログの固定電話との違い

アナログの固定電話は、電話機と中継を行う交換機を経由することで音声を届ける通話方法です。それに対して、IP電話とはインターネット回線を利用して音声を届ける通話方法なのです。

IP電話とアナログの固定電話では、音質の安定感や料金に違いがあるとされています。

アナログの固定電話の場合、各地の基地局を経由することから、相手との距離が遠いほど音質が低下するにもかかわらず、通話料金は高くなる仕組みとなっています。

しかし、IP電話の場合はインターネット回線を利用するため、相手との距離が離れていても音質に影響しにくく、通話料金も比較的安価で利用することができるのです。


IP電話の種類

IP電話には様々な種類のサービスがあり、下記のように大きく3つに分けることができます。


・0AB-J型

0AB-J型とは、「03」や「06」などからはじまる地域番号が割り当てられるタイプのIP電話で、「ひかり電話」などがこれに当たります。利用する際は、光回線の契約や回線を引き込むための初期工事が必要です。


・050番号型

050番号型とは、「050」からはじまる番号が割り当てられるタイプのIP電話です。上記の0AB-J型と比較すると音質は低下すると言われていますが、スマホやPCでも利用できるのが魅力です。


・電話番号不要型

電話番号不要型のIP電話とは、LINE電話やFacebookメッセンジャー、Skypeなどのサービスのことです。

VoIP技術を用いたデータ通信によって、音声を届ける仕組みとなっています。


IP電話の魅力・メリット

実際にIP電話を導入した際に得られるメリットは、次の通りです。


・料金が割安

IP電話はインターネット回線を利用していることから、相手との距離にかかわらず通話料金が安いのが特徴です。


・スマホやPCでも利用できる

インターネット回線を利用するIP電話は、スマホやPCでも利用できることから、外出先や自宅など場所を問わずに使用することができます。

また、専用の電話機を用意する必要がないことから、導入が容易であることもメリットです。


・システムとの連携がしやすい

インターネット回線を利用することから、IP電話は様々なシステムと連携しやすくなります。例えば、IP電話とSFAを連携させることで、クリックコールやコールログを自動的にSFAに残すことも可能となります。


IP電話の注意点・デメリット

IP電話には多く魅力はある一方で、次のようなデメリットも・・・。


・緊急電話、フリーダイヤルを利用できない

IP電話のサービスによっては、110や119などの緊急電話に発信できないものがあります。

また、多くのIP電話サービスでは、携帯電話と同じようにフリーダイヤルに接続されない仕組みとなっています。


・停電時に利用できない

IP電話はインターネット回線を利用しているため、停電時にはネットワークに接続する機器が動作しなくなり、電話が使用できない状態となります。


・音質に不安がある場合も

050番号型、電話番号不要型のIP電話の場合は、アナログの固定電話よりも音質が不安定になる場合もあります。


IP電話の音質が悪くなる原因

IP電話の音質が不安定になる具体的な原因は、次の通りです。


インターネット回線の状況

IP電話では、通話音声をパケットデータとして分割送信し、電話の相手に届く前に再構築する仕組みとなっています。この音声データの分割と再構築はインターネット回線の状況によって大きく左右するのです。

例えば、高速ネット回線を利用すれば、音声データの分割と再構築が短時間でできるため、音質が良くスムーズに通話することができます。

しかし、低速度のネット回線を使用していたり、多くの人がインターネットを使用することで混雑すると、分割と再構築に時間がかかり、音質が悪くなってしまうのです。


通話中に大容量のファイルを送受信している

IP電話での通話中に大容量のファイルを送受信するなど、ネット回線に負担をかけるような作業をしていると、通話音質が悪くなってしまいます。


複数のアクセスポイントを利用している

複数のアクセスポイントを利用している場合も、アクセスポイントが変わる度に音声が途切れてしまうため、IP電話の音質は悪くなります。


1台のアクセスポイントに接続している端末数が多すぎる

1台のアクセスポイントに対して多くの端末を接続していると、アクセスポイントに負担がかかり、ネット回線が渋滞してしまいます。利用料に見合ったネット回線でないと、通話音質は低下してしまう可能性が高くなるのです。


電波を妨げる障害物がある

IP電話を無線LANで接続している場合は、アクセスポイントと端末との間に障害物があることで音質が悪くなってしまいます。

リモートワークなどの場合は、自宅の電子レンジなどといった電磁波を発する機器に影響を受ける場合もありますので、注意しましょう。


IP電話の音質を安定させるには?

IP電話の音質が悪くなる原因を踏まえると、IP電話の音質を安定させるには次のような具体的な対策が挙げられます。


高速ネット回線を利用する

利用しているインターネット処理速度が遅いと、IP電話の音声データの分割や再構築に時間がかかり、通話音質の低下につながります。

しかし高速ネット回線を利用すれば、音声が途切れにくく音質を安定させることができるのです。


通話中にネット回線に負担がかかる作業をしない

通話中に大量のファイルを送受信するなどネット回線の負担になることは、自らIP電話の音質を低下させていることになります。

IP電話で通話する際は、ネット回線に負荷のかかる作業が終わってから、もしくは中断して利用することで、音質を安定させましょう。


無線LANアクセスポイントに障害物を置かない

IP電話の音質が頻繁に悪くなるようであれば、インターネット回線の物理的な配線経路を見直す必要があります。通信の障害になりそうなものを途中に置かないようにしたり、アクセスポイントの近くで利用してみることも、音質の向上に有効です。


1台のアクセスポイントの利用数を制限する

1台のアクセスポイントに接続する端末の数を制限して、ネット回線の渋滞を防ぎましょう。ネット回線の負荷を軽減することで、IP電話での通話音質が改善します。


アクセスポイントを固定する

複数のアクセスポイントを利用していると、アクセスポイントが変わるたびに音声が途切れてしまいます。音声が途切れるのを防ぐには、IP電話を利用する際はアクセスポイントを固定することをおすすめします。


ヘッドセットを利用する

IP電話での通話の際はヘッドセットを利用することも、通話音質の改善につながります。

もちろん、ヘッドセットであれば何でもいいというわけではありません、大前提として自身が使用しているOSに対応しているかどうかを確認する必要があります。

また、お客様とのコミュニケーションにIP電話を使用するのであれば、多少高価でも品質のいいものを選びましょう。


IP電話を選ぶ際のポイント

導入するIP電話選ぶ際は、音質の良さはもちろん、下記のポイントにも注意して検討しましょう。


料金体系はIP電話サービスによって様々

比較的安価だとされているIP電話の料金ですが、サービス内容や便利な機能があることによって平均的なIP電話料金よりも割高であるサービスもあります。

料金を重視するのか、それともサービスの内容や機能を重視するのかによって最適なIP電話は異なりますので、料金とサービス内容をよく見比べて検討しましょう。


サポートがしっかりとしている

IP電話を導入する場合は、急なトラブルが発生した際のサポート体制も確認しておく必要があります。もし、通信障害などのトラブルが発生しても、早急に対応してもらえることができれば、被害は最小限に抑えることができるでしょう。

導入後のサポート体制もIP電話サービスによって異なりますので、サポート体制がしっかりとしているサービスを選ぶことをおすすめします。


対応できるOS

インターネット回線を利用して通話音声を届けるという仕組みはIP電話サービス各社で共通していますが、サービス内容や対応できるOSに違いがあります。

また、連携可能なシステムもIP電話サービスによって様々ですので、業務効率を向上させるためにも、既存のシステムとの連携が可能であるかを確認しましょう。


まとめ

今回は、IP電話の音質が悪くなってしまう原因や、音質を安定させるポイントなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

IP電話の音質はインターネット環境に依存する通話方法ですので、インターネット回線を整備することで音質の向上が見込めます。

自社に合ったIP電話サービスを導入することで、コストを削減すると同時に業務効率の向上を図りましょう。