2024年1月より固定電話からIP電話へ入れ替え!懸念点と注意点について

2024年1月から始まる固定電話からIP電話への入れ替えは、アナログの固定電話で使用されている中継交換機を、NTT側で中継ルーターに入れ替えるものですので、IP化に際して企業が手続きなどを行う必要はありません。

とは言っても、今回行われる固定電話からIP電話への入れ替えが企業に与える影響は大きいものでしょう。

そこで今回は、固定電話とIP電話との違いや、入れ替えに関して注意点するべき点や必要な対策などについてご紹介していきたいと思います。


【index】

  • 2024年に固定電話はIP網へ入れ替え
  • 固定電話とIP電話の違い
  • 固定電話からIP電話への切り替え方法
  • 固定電話からIP電話への入れ替えに際しての注意点
  • 固定電話の見直しも
  • まとめ

2024年に固定電話はIP網へ入れ替え

ご存知の方も多いかと思いますが、2024年1月から固定電話(アナログ回線・ISDN回線)はIP網へと移行されます。固定電話がIP化される理由には、固定電話への加入件数が減少していることから、電話サービスのために用いられている設備である中継交換機を維持することが困難になっていることがあります。

その対策として、中継交換機を中継ルーターに入れ替えて、IP網へと移行されるのです。


固定電話とIP電話の違い

固定電話とIP電話の品質そのものにはほとんど違いはありませんが、両者が異なる点として次のようなことが挙げられます。


使用する回線

固定電話とIP電話では、使用する回線が異なります。固定電話は、交換機同士で伝送路を結んで回線を占有し、通話する方式ですが、一方のIP電話は、インターネット回線を利用して通話を行います。


料金

IP化前のいわゆるアナログの固定電話とIP電話とでは、料金も異なります。

アナログの固定電話は、距離が遠いほど多くの局舎を中継しなければならないので、距離に応じて通話料金が高くなります。

しかし、IP電話の場合はインターネット回線を使用するため、電話をかける相手の距離に関係なく一定であるのが特徴です。

ちなみに、固定電話でもIP網へ移行後はインターネット回線を利用することから、距離に関係なく料金は一律で3分8.5円となります。


通話できる番号

IP電話では、着信側が通話料を負担するフリーダイヤルが使用できなくなることが多くあります。また、発信者の位置情報を通知する機能のないIP電話では、警察署や消防署などへの緊急通報ができない場合もあるのです。


固定電話からIP電話への切り替え方法

現状利用している固定電話からIP電話への切り替えは、NTT側の局内整備が行われるだけですので、固定電話の利用者が手続きなどを行う必要はありません。また、現在利用中の電話機やFAXなどは、IP網へ移行後もそのまま利用することができます。

ただしINSネットディジタル通信モードを利用している場合は、注意が必要です。


固定電話からIP電話への入れ替えに際しての注意点


注意点:INSネットの廃止

固定電話(ISDNネット)を使用している企業は、IP電話への入れ替えに際して注意が必要です。

なぜなら、多くの企業で利用されているINSネットディジタル通信モード(INSネット)はIP化によって廃止されるISDN回線に接続しているからです。固定電話(ISDN回線)の廃止(=INSネットディジタル通信モードの廃止)による影響は、POSシステムやCAT端末、EDI、警備端末、レセプトオンライン請求など様々な業務に及ぶため、何も対策しなければ、大きな混乱が生じてしまうでしょう。

一応、IP網へ移行後もメタルIP電話でのデータ通信が代替案としてNTTから提示されていますが、コストや伝送速度などの面では課題があるとされているうえに、一時的な救済措置であるため、いずれにしても代替手段に切り替える必要があるのです。


対策:インターネットEDIへ

INSネットディジタル通信モードの代替手段とされているのが、「インターネットEDI」です。インターネットEDIとは、インターネットを通信手段とした電子データ交換のことです。

ただし、インターネットEDIへの切り替えは簡単にできるものではなく、システムによっては取引先と連携して進める必要があります。加えて、移行後、もし何らかのトラブルが発生しても、2024年1月を過ぎてしまうとINSネットディジタル通信モードを利用することはできなくなるため、できるだけ早い段階で移行し、事前に入念なテストを行う必要があります。


固定電話の見直しも

固定電話のIP電話への切り替えに際して、企業の固定電話の必要性も見直してみましょう。

近年では、インターネットやスマートフォンなどの普及によって、企業でも固定電話離れが進んでいます。とは言っても、電話の必要性がなくなるわけではありませんよね。そこで今注目を集めているのが、ビジネスフォンなのです。


ビジネスフォンとは?

ビジネスフォンとは、電話機そのもののことではなく、主装置(PBX)と専用の電話機器を組み合わせた電話装置システムのことを言います。

複数の外線と内線を共有・制御する主装置と、複数の端末機から構成され、内線や保留、転送といった様々なビジネスに役立つ様々な機能が備わっています。


ビジネスフォンへの入れ替えには時間がかかる

固定電話からビジネスフォンへ入れ替えするには、主装置を始めとする周辺機器との接続や各電話機の設定などの工程が発生するため、回線工事や電話工事を行う必要があります。

ビジネスフォン導入の一般的な流れとしては、次の通りです。

  1. 見積もり
  2. 打合せ(現地調査)
  3. 契約
  4. 工事

まずは、オフィスの広さや設置する機器などを業者に説明し、見積もりを依頼します。ただし、見積もりはあくまでも目安ですので、実際にかかる費用や工程は現地調査によって決定します。具体的な金額や工程が決定したら、契約、工事という流れとなります。


工事不要で手軽に使用するには?

様々な機能によって業務の効率化やコスト削減を図ることができるビジネスフォンですが、その反面、実際に導入するまでの工数や時間、費用がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、「クラウドPBX」です。

クラウドPBXとは、従来はオフィス内に設置する必要のあったPBX(電話交換機)をインターネット経由で利用できるサービスです。そのため、インターネット環境さえあれば、安価かつ手軽に内線・外線電話や転送などを行うことができます。

クラウドPBXのメリットは、何と言ってもすぐに利用できる手軽さにあります。加えて、インターネット環境を利用することから、利用する場所を問わず、事務所の移転やテレワークなどにも対応することができるのです。


ただし、119番や110番などの緊急通報ができなかったり、環境によっては音声が途切れたり聞き取りにくいなどのデメリットがあることも知っておきましょう。


まとめ

今回は、固定電話からIP電話への切り替えに関して注意点するべき点や必要な対策などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

2024年から始まる固定電話のIP化は、企業に大きな影響を及ぼすことが想定されます。しかしその一方で、従来の固定電話の必要性を改めて考えるいいきっかけとしても捉えることができるでしょう