電話営業にAIを導入するとどうなる?メリットをわかりやすく解説。

AIを導入して業務改善を行う企業が増えてきています。

今回は、AIが電話営業の何を解決できるのか?わかりやすく解説します。


【Index】

電話営業にAIを活用する方法

電話営業にAIを導入するメリット

AI電話に搭載されている機能

電話営業に使えるAIサービス3選


電話営業にAIを活用する方法

電話営業にAIを活用するには、多くの場合はクラウド型のIP電話システム会社と契約をします。システムを利用することで、AIを搭載したパソコン側のシステムと電話を接続します。

その結果、電話内容をAIが分析することができる環境が整います。


電話営業にAIを導入するメリット

電話営業にAIの技術を用いることで、次の課題を解決できます。

【1位】電話営業の品質向上

【2位】ブラックボックスがなくなる

【3位】業務効率化


電話営業の品質向上

営業活動において営業電話の品質は重要ですよね。

電話では顔が見えない状態でお客様と信頼関係を築かなければなりません。

電話の品質を向上させるためには、様々な考えるべき点があります。

例えば、セールストークの内容、声の大きさ、営業とお客様の話す割合、話すスピード、などです。

取り扱うサービスや製品によって、重要なポイントも様々でしょう。

AIに電話営業を分析させると、電話の改善すべきポイントがわかります。

その結果、具体的に次のような成果につながります。

(1)お客様とのアポ率の向上

(2)商談でのより質の高い提案


ブラックボックスがなくなる

電話は個人と個人のやりとりのため、上司や同僚からやりとりが見えにくい傾向があります。

そのため、営業活動の一部がブラックボックス化してしまうことに課題を感じている人も多いでしょう。

電話営業にAIを用いると、電話内容を自動的に記録します。

そのため、次の効果があります。

(1)他のメンバーが要点を把握できる

(2)管理者目線では部下をモニタリングできる


一次情報の重要性について

CRMやSFAを用いて情報共有を行っている会社でも、電話営業に課題を持っている会社は多いです。

なぜなら、多くの場合ではCRMやSFAに記録される情報は、入力者によりテキスト入力されたものだからです。

テキスト情報では、お客様の問い合わせでの温度感や、具体的なセリフといった一次情報が正確に把握できません。

正確な一次情報を知ることは、お客様について知るうえで非常に重要です。

情報共有に一見課題がないと感じていていた場合でも、電話営業のAIによって改善点が見つかる場合は多いのです。


業務効率化

電話営業にAIを用いると、入力コストを削減できます。

お客様情報の管理に、SFA,SRM等の顧客管理システム用いている会社は多いと思います。

電話営業の担当者は、営業内容を顧客管理システムに入力します。

こうして一元管理された情報は、営業活動で非常に重要な役割を担います。

お客様の情報をもとに、営業戦略を立てたり、紹介するサービス内容を決めるためです。

そのため、電話営業において入力作業は、重要なタスクです。

その一方、入力にかかる人的コストは課題となっています。

電話営業のAIを用いると、次の効果が得られます。

(1)通話内容を自動でテキスト化

(2)要点をピックアップしサマリーしてテキスト化


通話内容を録音するとともに、文字起こしを行ってくれます。

さらに、通話内容の重要箇所をAIが認識しサマリー化。

要点の音声とテキストデータを手短に確認することができます。


AI電話に搭載されている機能

電話営業にAIを用いることで、次の3つのことができるようになります。

(1)電話営業を解析する

(2)電話営業を可視化する

(3)電話営業を連携する


電話営業を解析する

まず1つ目の機能は解析です。

AIというのは、過去の多くのデータと比較することが得意です。

そのため、過去の多くのデータの中から電話営業のベスト事例を発見することができます。

ベストな電話営業と、検証したいの電話営業のデータを比較することで、課題や改善事項を発見することができます。


電話営業を可視化する

2つ目の機能は可視化です。

音声認識のAIを使うことで、電話営業の音声をテキスト化することができます。

従来はテキスト化のために、キーボードによるインプットが必要でした。

そのため、録音した音声をキーボードでテキスト化するためには倍の作業時間が必要でした。

しかし、音声を解析しテキスト化するAIの登場で、電話営業の可視化が可能になりました。


電話営業を連携する

3つ目の機能は連携です。

電話営業の仕事は多くの場合、見込み顧客へのアプローチであり、成約のための重要なプロセスです。

そのため、営業の情報は社内で情報共有する必要があります。

情報共有には多くの場合、顧客管理専門のシステムが使われており、そこに電話営業の結果を記録する必要があります。

顧客管理システムの中では、定量的な情報と定性的な情報が管理されており営業に利用されます。

電話営業のAIはこうした顧客管理システムの項目を理解し、連携することができます。

従来は、電話のやりとりを人を介して顧客管理システムに入力していたところ、電話営業を行うだけで自動的に顧客管理システムに情報が連携して保存されます。

これによって、入力作業に必要となる工数を大きく減らすことができます。


電話営業のためのAIツール3選


pickupon(ピクポン)

pickuponは、ザモデル型の営業組織においてインサイドセールスに多く利用されています。

お客様の発話内容を、サマリー化してテキスト化する技術に優れている製品です。

導入事例として、インサイドセールスのトークスクリプト改善の結果によって、アポ取得率が大きく改善した例が紹介されています。

「お客様の発話内容をサマリーして情報共有すること」に最も価値をおいているため、直感的に使いやすくかわいいデザインが特徴です。

Miitel(ミーテル)

Miitelは、電話営業を可視化し採点してくれます。

架電した担当者の電話営業を、最適化するコンセプトで作られており、電話営業部門の管理者におすすめです。

電話営業を始めたばかりの新人が、Miitelを使ってセルフコーチングで成長することが可能です。

電話営業のベストプラクティスが確立されている会社であれば、Miitelの設定に自社のノウハウを取り込むことで有効に活用できるでしょう。


bellFace(ベルフェイス)

bellFaceは、オンライン商談システムです。

ITツールの取り扱いが苦手な人でも操作できるメリットがあります。

AIについてはメイン機能ではありませんが、商談の記録を分析する機能があります。